< >
2020.11.20 それぞれの秋
「それぞれの秋」と聞いて、アリスの歌やTBSのドラマを連想した方は
それなりの年齢の方だと思います(笑)

それはさておき、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の勢いは
収まるどころか、ここに来て拡大傾向ですねぇー(゚д゚)

 koyo2020 (1)

第3波という言葉が飛び交っていますが、一日当たりの感染者数の
推移を見る限り、正にその通りだと思わざるを得ません

ただ、現段階では以前のような自粛要請は行わないというのが
国や一部を除く都道府県の方針のようですし、GoTo○○キャンペーンも
継続ということのようですね


そんな中、季節は秋の行楽シーズン真っただ中を迎え、各地の紅葉の
名所は多くの人達で賑わっているそうです

やはり日本人としては、季節の移ろいを自分の目で見て、その風情に
どっぷりと浸かりたい、と思いますもんね(*^_^*)

  koyo2020 (3)

という事で、私も先週末に紅葉を見に出かけました

例年は、香嵐渓や曾木公園等の有名所へ出掛けていますが、今年は
感染対策で人込みを避けての紅葉見物にしました

     koyo2020 (4)

上の写真は、白川町の佐見川峡、古い橋と真っ赤な紅葉、それに透き通った
渓流のバランスが見事でしたが、見ているのは私一人、独占です( ^ω^ )

2番目の写真は、偶然通りかかった昔の小学校の校庭のイチョウ

  koyo2020 (2)

某ゴルフ場のクラブハウス前

koyo2020 (7)

その後向かったのは、苗木城跡

     koyo2020 (5)

最近少し注目されているようですが人出はまばらで、ちょうど見頃でした

     koyo2020 (6)

ゆったりと一日、気ままに車を走らせ、少し歩きながら紅葉を楽しみ
道の駅などにも立ち寄って、その土地の美味しいものにも手を伸ばす

名所の混雑も嫌いではないけれど、こんな一日も良いもんだなぁー
と思いました


そんなこんなしている時、頭に浮かんだのが「それぞれの秋」
今年は混雑を避けて、それぞれの秋を楽しむっていうのも一興かと、、、


ワクチンや治療薬もやがて世に出て、それ程怖がらなくても大丈夫な
病気になる日が来る事は間違いありません

でも、その日まだ少し先になるようですので、今は未だ感染防止に
留意されて、健やかにお過ごしください(´ω`人)


「応援します、幸せハートフルライフ!!!」


 





スポンサーサイト



前回の記事で火災について書きましたが、今日も東京・新宿にある
マンションの10階部分から火が出て、いまも消火活動が続いているという
ニュースが入って来ました


 kasaiyobou13.jpg


やはり、少し寒くなって火災が増えているような気がしますので
火災について前回の続編を書きたいと思います

前回は、韓国・ウルサン(蔚山)の高層マンション火災を受けて
イザという時の対処法のうち「消火」についてお話しました

今回は、消火をしても火の勢いが衰えず、あるいは煙が充満して危険な
段階になってしまった場合の「避難」方法についてお話したいと思います


先ず、避難経路についてですが、基本的には玄関ドアを開けて共用廊下に
出て階段から避難するのが、一番早く安全な経路となります


ただ、共用廊下や階段が炎や煙で通れないような状況になっている場合や

 s-kaji (32)

キッチン周り等が燃えていて玄関ドアに到達できないようなケースでは
ベランダから非難して頂くことになります


ベランダに出てからの避難経路には2種類のルートがあります

kasaiyobou (4)
 

1つはお隣のベランダとの仕切りとなっている隔壁を破って、避難する方法です


写真のように表示がありますので、上下どちらでも強く蹴ったり、何か固い物で
叩いたりして破ってください

隔壁は、いざという時の避難経路になりますので、お互いの安全のために
避難の妨げとなるものを近くに置かないようにお願いしますね


     kasaiyobou (2)


ベランダに出てからの避難経路の2つ目が、「避難はしご」になります


これは、ベランダの床に有るハッチを開いて梯子で階下に避難する設備に
なります

ただし、全てのお部屋に設置されている訳では無くて、各階の特定の部屋に
設置されているか、建物の規模によっては設置されていない場合もあります


マンションの外に出て、ベランダ側から建物を見上げると、何処に避難はしごが
設置されているかが分かりますので、事前に確かめておいて下さい


隔壁を破って横方向に移動し、避難はしごで下に避難するというルートも
想定し、日頃から家族で話し合い、イザという時にパニックにならない事が
とても大切です

避難はしごの使用方法については本体に表示がありますので
それに従って落ち着いて操作して下さい

 kasaiyobo (2)

 kasaiyobo (3)

なお、ハッチには転落防止や子供のいたずら防止の為に危険防止ロックが
付いていますので、解除してから開くことをお忘れなく



鉄筋コンクリート造は、各種構造体の中でも最も防火性能に優れた構造です


万一、各部屋から出火した場合でも、他の部屋に延焼し難い作りになっていますが
窓やドアが開いていると、その性能が十分に発揮出来ません


避難される場合には、可能な限りドアや窓を閉めて避難いただきますよう
お願いいたします


発生しては困る火事ではありますが、「備えあれば患いなし」という言葉の通り
普段から心の準備を整えて、楽しいハートフルライフをお続けください



「応援します、幸せハートフルライフ!!!」


 
2020.10.27 火災に備えて
今月8日、韓国・ウルサン(蔚山)の高層マンションで大規模火災が
発生したと報道されました

仕事柄、画面に釘付けになりましたが、現地は大騒ぎになっていました

100名ほどの方が病院に搬送され、亡くなられた方も数名おられるようです

 kasaiyobou (1)

火災は年間を通じて発生しているようですが、やっぱり乾燥しやすく火気の
利用が多くなるこれからの時期は増えてきますよね

一旦発生すると、自身の生命・財産はもちろんですが、近所の皆さんにも

多大なご迷惑をお掛けすることになってしまいますので、気を付けたいですね

 kasaiyobou12.jpg

とは言え、気を付けていても火事になってしまう可能性はゼロではありません

そこで、火事になってしまった、あるいは火事になりそうになった時の対応に
ついてお話をしたいと思います


こういった場合、一番大切なことはパニックにならないという事ですので
できるだけ落ち着いて、ポイントは、通報→初期消火→避難という順番に
行うという事です

      kasaiyobou (6)

 kasaiyobou (11)

火を見つけたら、先ずは119番に通報して消防車を呼びます

また、火災報知機があるマンションの場合はボタンを押して他の部屋にも
知らせます


そして、消防車の到着を待つ間に初期消火を行います

この際に、慌てて水をかけたりすると、状況によっては余計に火勢が強く
なってしまう場合がありますので、消火器を使用してください

      kasaiyobou (5)

いざという時のために、各戸に家庭用の消火器を常備しておくことを
強くお勧めしますが、共用廊下には、各階ごとに消火器が設置して
ありますので、躊躇しないで使ってください

 s-kaji (20)

使い方はとてもシンプルですが、本体に表示がありますので、実際に
手に持って読みながら、イメージトレーニングをしておいて下さい

実際に使ってみると、けっこう強力なので初期段階の火災ならかなり有効です

ただ、火の勢いが衰えず、あるいは煙が充満して危険になりそうな場合は
避難にうつります


避難方法についてはまたの機会にお伝えするとして、先ずは火事を出さない
ように気を付ける事、そして普段から火事に遭遇した時の対応について
心の準備を済ませておいてくださいね(^-^)/


「応援します、幸せハートフルライフ!!!」


 
10月も半ばを迎え、少しずつ秋の深まりを感じる時期ですね

夕方5時を過ぎると、日も暮れ始めて少しセンチメンタルな気分にもなります

  s-夕日

「秋の日はつるべ落とし」とは、本当によく言ったものだと感心します

枕草子も「秋は夕暮れ」と謳っているので、たまには季節の移ろいに
どっぷり感傷的に浸ってみるのも一興ですよね


さて、地球温暖化の影響か否かは分かりませんが、日本特有の
四季が、夏と冬の二季になってしまうんじゃないかと思うほど
春と秋の期間が短く貴重になって来ている気がします

暑くも寒くもなく、何をやるにも良い季節

 s-360_F_181862856_Jg4cfpmJZGYSpEjYhuCAjVlbxPWcYWah.jpg



読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・・・いっぱい○○の秋がありますが
万人向けなのは、やっぱり「食欲の秋」じゃないでしょうか?(笑)

新米、キノコ、秋魚、果物など美味しい旬のモノには事欠きませんし
日の暮れるのが早くなるからか、夜になると妙にお腹が空きますよね(?)

今年は、「GO TO EAT」という嬉しい制度が有りますが、食べ過ぎて
間違って「GO TO FAT」にならないように気を付けましょう(笑)


 緑屋

さて、私の中で「秋の味覚」といえば、やっぱりこれ「栗きんとん」です

かなり以前は、この辺りのローカルなお菓子だったように思いますが
最近ではマスコミ等の影響ですっかりメジャーになってきました

 緑屋店

毎年9月になると販売が始まるので、楽しみにして初物を求めに行きます

遅い時間に行くと、売り切れになっていることも珍しくないので、開店に合わせて
朝イチで行きますが、既に駐車場は一杯(^-^;

クルマのナンバーを見ると、はるばる他県からのお客さんもみえます


 八百津

また、朝イチにこのお店に行くと、お客さんに交じって地元のお婆ちゃん達が
自分のところで採れた栗を背中に背負って、材料として納めに来ている姿も
目にします

地元産の新鮮な材料を使っているのも、美味しさの秘訣なのかも知れませんねー(^^♪


最初に書いたように、何をするにも良い季節になりました

あなただけの、そしてご家族一緒の○○の秋を目いっぱい満喫して
楽しい思い出、いっぱい作ってくださいね(^^♪


「応援します、幸せハートフルライフ!!!」


 





s-Screenshot_2020-09-27 新型コロナウイルス - Google 検索(3)a


新型コロナウイルスの流行は、依然として世界中で拡大していて
中には一日で一万人を超える感染者が出ている国もあり、まだまだ
先が見えない状況です。

s-Screenshot_2020-09-27 新型コロナウイルス - Google 検索

一方、日本国内に目を移せば、大小の波は有るものの一定の落ち着き
が見られる状況で推移していて、引き続き油断は禁物だとは思いますが
国民生活も徐々に日常を取り戻しつつあるように思います。


ただ、長い自粛生活やテレワーク、更にはそれに伴う生活スタイルの変化
などによって、今なお大きな打撃を受けている事業があります。

 s-住宅確保給付金記事

今日、日曜日の朝刊の一面トップ記事を見て驚きました。

「住宅確保給付金」の利用者が、この地域においても激増している
という内容でした。

弊社で管理させて頂いているマンションの入居者様でも、この春以来
数件のご利用はあったものの、全体数から見ればごく僅かにとどまって
いましたので、私どもとしても入居者様に大きな影響が出ていない事の
証左として嬉しく思っていたところでの報道で、少なからず驚きました。

ただ、住宅確保給付金の制度は、新型コロナ対策に創設された訳では
無く3年前から始まった制度で、以前はあまり知られることが無くて
利用する人も殆んどいなかったので、岐阜県で昨対19倍という数字
自体が、そのまま実態を表しているか否かは少し疑問が残ります。

いずれにしても、使わないで済むことが一番幸せであるという事には
議論の余地は有りませんが、いざという時の為にも制度については
正確に知っておくことは大切ですので、厚生労働省の特設サイトを
ご案内しておきます。

 000635499.png特設サイトへ


お彼岸が過ぎ、ことわざ通りに涼しさが感じられる季節となりました。

一年を通じても、暑くも寒くもなく過ごし易い時期は本当に限られていて
そんな貴重な時期を有意義に満喫したいものですね。

GoTo○○○○等の支援策も実施されていますので、ボチボチ自粛を
解禁して、お出掛けしても良いかな? と思う今日この頃です。

ハートフリストの健やかな暮らしを、心より願っております(^-^)/

「応援します、幸せハートフルライフ!!!」


 
... 続きを読む