< >
この前の土曜日、3月11日で東日本大震災から満6年が経過しました

          s-番組欄a

テレビでも新聞でも特集が組まれて、6年間の出来事や現在の様子等が

報道されてましたね


被災された皆さん、とりわけご家族や友人など大切な方を失われた方の心は

まだまだあの日から戻れないだろうと思いますが、少しずつあの日の話を

し始める方も出てきて、そんな方の話を聞きながらあらためて悲惨な状況を

再認識しました


報道される数字を見れば、一年前よりも行方不明の方が8名減って2,553名

その分犠牲者の方が増えて15,893名という現実


そして、もう一つ報道される数字が、12万人以上がまだ避難生活をされていて

3万人以上の方が今も仮設住宅に住まわれている・・・・・という現実です


被災地では今も震災が過去のことにはなり切っていない、今さらながら思い知らされます

       s-02_1.jpg

一方、震災から6年を経過して現地でも新たな公共住宅等の整備も進みつつあります

写真は、先月完成した女川駅北地区で建設が進んでいた災害公営住宅で

鉄筋コンクリート造5階建ての素晴らしい集合住宅に入居できるという事を

皆さんがとても喜んでみえるようです


こうした報道を見るにつけ、やはり人々の幸せにとって「住居」というものが

非常に重要な役割を果たしているという事を再認識し、「住居」を生業とする者として

身が引き締まる思いがします


今後もスタッフ一同、「お客様の幸せ」を第一に考えて新生活をサポートさせていただこう

そんな思いを強くした3月11日でした


「応援します、幸せハートフルライフ!!!」