< >
2020.11.20 それぞれの秋
「それぞれの秋」と聞いて、アリスの歌やTBSのドラマを連想した方は
それなりの年齢の方だと思います(笑)

それはさておき、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の勢いは
収まるどころか、ここに来て拡大傾向ですねぇー(゚д゚)

 koyo2020 (1)

第3波という言葉が飛び交っていますが、一日当たりの感染者数の
推移を見る限り、正にその通りだと思わざるを得ません

ただ、現段階では以前のような自粛要請は行わないというのが
国や一部を除く都道府県の方針のようですし、GoTo○○キャンペーンも
継続ということのようですね


そんな中、季節は秋の行楽シーズン真っただ中を迎え、各地の紅葉の
名所は多くの人達で賑わっているそうです

やはり日本人としては、季節の移ろいを自分の目で見て、その風情に
どっぷりと浸かりたい、と思いますもんね(*^_^*)

  koyo2020 (3)

という事で、私も先週末に紅葉を見に出かけました

例年は、香嵐渓や曾木公園等の有名所へ出掛けていますが、今年は
感染対策で人込みを避けての紅葉見物にしました

     koyo2020 (4)

上の写真は、白川町の佐見川峡、古い橋と真っ赤な紅葉、それに透き通った
渓流のバランスが見事でしたが、見ているのは私一人、独占です( ^ω^ )

2番目の写真は、偶然通りかかった昔の小学校の校庭のイチョウ

  koyo2020 (2)

某ゴルフ場のクラブハウス前

koyo2020 (7)

その後向かったのは、苗木城跡

     koyo2020 (5)

最近少し注目されているようですが人出はまばらで、ちょうど見頃でした

     koyo2020 (6)

ゆったりと一日、気ままに車を走らせ、少し歩きながら紅葉を楽しみ
道の駅などにも立ち寄って、その土地の美味しいものにも手を伸ばす

名所の混雑も嫌いではないけれど、こんな一日も良いもんだなぁー
と思いました


そんなこんなしている時、頭に浮かんだのが「それぞれの秋」
今年は混雑を避けて、それぞれの秋を楽しむっていうのも一興かと、、、


ワクチンや治療薬もやがて世に出て、それ程怖がらなくても大丈夫な
病気になる日が来る事は間違いありません

でも、その日まだ少し先になるようですので、今は未だ感染防止に
留意されて、健やかにお過ごしください(´ω`人)


「応援します、幸せハートフルライフ!!!」


 





スポンサーサイト



2020.03.11 あれから9年
最近の新型コロナのニュースに、少し隠れてしまった感もありますが

  higashinihonn9nen (8)

2011年3月11日の東日本大震災から、今日で9年になりました

何年たっても、阪神淡路大震災の火事の映像と、東日本大震災で発生した
津波が人々の生活をのみ込んでいく映像は、頭から離れません

  higashinihonn9nen (3)

直接被災した訳でない私たちにしてそんな訳ですから、被災された皆さんには
まだまだ過去のことという感覚は、生まれてこないのではないか
もしかしたら、時間が止まってしまているような方も居られるのではないかと思います

  higashinihonn9nen (6)

今朝の新聞を見れば、今だに2,529名の方が行方不明になって居られますし
約48,000人の方が避難生活を送ってみえます

  higashinihonn9nen (13)
  higashinihonn9nen (14)

9年という時間の中で、被災地でも復興が徐々に進んでいるようですが
そういった報道を見るにつけ、人々の生活の中で”住宅”というものが
いかに大切なものであるか、という事を痛感しています

私どもは、この”住宅”に関わらせて頂く事を生業とする者として、更に真摯に
そして一所懸命に取り組んでいかねばと、決意を新たにする今日3月11日です


higashinihonn9nen (7)

福島第1原子力発電所の処理を含め、まだまだ多くの課題が有りますが
被災地の皆様全員がそれぞれの幸せと安寧を得られることを、心よりお祈り申し上げます

「応援します、幸せハートフルライフ!!!」

 

2019.10.14 台風19号
一昨日から3連休という方も多いかと思いますが
いかがお過ごしでしょうか?

とは言え週末は、金曜日から土曜日にかけて台風19号が日本列島を
直撃して、お出掛けを断念された方も多かったかと思います

s-K10012120511_1910121458_1910121510_01_02.jpg
NHK NEWS WEB

今回の台風は、日本列島のど真ん中を直撃して大雨を降らせました

s-K10012128071_1910130448_1910130448_01_02.jpg
NHK NEWS WEB

強風による被害も報じられましたが、大きな被害をもたらしたのは
やはり豪雨によるものだったようです

この地方は、台風の進路の左側だったため大きな被害はなかったものの
河川の増水による被害は、広範囲に広がっています

s-K10012128651_1910131927_1910131930_01_03.jpg
NHK NEWS WEB

あまりにも被災箇所が多くて、実態の解明もまだまだ続いているんだと
思いますが

s-K10012125761_1910131450_1910131450_01_02.jpg
NHK NEWS WEB

台風通過後から、各地の被害が明らかになって

s-K10012128651_1910131952_1910132004_01_04.jpg
NHK NEWS WEB

今日も朝から、被害状況の報道が続いて

s-K10012129351_1910131610_1910131625_01_02.jpg
NHK NEWS WEB

今までにないような、衝撃的な映像も流れています

s-K10012128411_1910130734_1910130735_01_03.jpg
NHK NEWS WEB

こういった報道を見ると、私たちも2010年に経験した水害を
思い出さずにはいられません

      2011台風15号

bai-01.jpg

bai-10.jpg


 DVC00090.jpg

被災された皆様に、心よりのお悔やみ、お見舞いを申し上げると共に
一日も早い復旧と、少しでも早く日常を取り戻される事をお祈り申し上げます


「応援します、幸せハートフルライフ!!!」




4月も20日が過ぎて、あと10日・・・

最近、というか昨年の暮れあたりから「平成最後の〇〇〇」という

フレーズがやたらと目に付くようになりましたね

   s-122791_mdl_eVBhoJIM.jpgネクステージ春日井HPより

   s-images.jpg

この調子だと、今年の流行語大賞は「平成最後の」に決まりかな?

とか思っていましたら、岐阜新聞Webでこんなフレーズに目が留まりました

   

この企画とは直接関係ないんですが、「平成が終わる前にやり終えておきたいこと」

あるいは「平成のうちに始めておきたいこと」・・・・


元号が変わるタイミングって、人生のうちで何回も経験出来る事では無くて

せいぜい2~3回のことなんですね


そして今回の改元に限っては、事前に改元の日程が決まっているという

近年では例のない事が進行している訳です


天皇の崩御に伴わない改元という事で、お祝いムードにもなっていますし

人生にもう一度有るか無いかの改元を、人生の記憶に残る有意義な

瞬間にしてみてはいかがでしょうか?


話が若干反れますが、こんなお酒が気になっています

    s-heisei.jpg

飛騨古川の渡辺酒造店さんのお酒です

平成最後の瞬間を、このお酒で・・・・いいですねぇ

と思ったら、同じ渡辺酒造店さんからこんなお酒も

    s-ngengo.jpg

これまた良いですねぇ~(笑)

最後の一しぼりと最初の一しぼり、私たちも見習いませんか?


という事で、今上天皇の退位と新天皇の即位にともない

来週末からは超大型連休に突入となります

私どもハートフルステーションも、4月28日日曜日から5月6日月曜日まで

GW休業とさせて頂きます

休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、

5月7日より順次ご対応させていただきます

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます


平成最後の一週間、私どももお客様の「平成最後のお部屋探し」に

最後の最後まで知恵を絞って、一所懸命お手伝いさせて頂きます(^^♪

「応援します、幸せハートフルライフ!!!」

   <



2018.03.11 あれから7年
少し暖かくなったナァ~と思っていましたが、もう3月も中旬ですもんね

そして今年も3月11日、東日本大震災の発生した日を迎えました

   higashi (8)


被災された皆さん、とりわけご家族や友人など大切な方を失われた方の心は

まだまだあの日から戻れないだろうと思いますが、7年という時間が少しずつ

前に向かって歩く力を与えてくれているようにも思います


        higashi (3)


震災から一ヶ月ほど後に、救援物資を積んで被災地を訪れましたが

当時はまだほとんど何も手付かずの状態で、行方不明者の方の捜索が

一生懸命行われていたのが記憶に残っています


でも、まだ2539人もの方が行方不明のままだという現実を思うと

まだまだ現地では過去のことに出来ないと思います


      higashi (1)


それに上の二つの写真を見比べても、7年間で変わったことは限定的で、まだまだ復興は

道半ばだと言わざるを得ません

    higashi (4)


個人レベルで見ても、津波や東京電力福島第1原発事故により73,000人以上の方が

避難生活を送ってみえるという現実があり、早急な対応が望まれます


まだまだ過去には出来ない大震災ですが、私たちはその教訓を自分たちのものと

させて頂き、近い将来に発生が懸念される東南海地震等に備えていく役割を

果たしていかなければならない、そう思います


私どもハートフルマンションも、「住まい」を生業とさせて頂いている者として

その責任の重さを再認識させていただく、今日3月11日です

「応援します、幸せハートフルライフ!!!」