< >
水は、私たちの生活に無くてはならないモノの代表ですね

飲用・調理用として、洗濯など生活用水として・・・・・


突如として水道の蛇口から水が出なくなったら??

考えただけでも、ホントに困ってしまいます(´・_・`)


こんな時のために非常用のペットボトルを備蓄していたり

冷蔵庫の中にも、冷やした水が入れてあったりして

一日ぐらいなら何とか持ちこたえられる・・・・・(^O^)

そんな家庭も多いかと思いますし、近くのコンビニに走れば

ペットボトルの水が調達も出来ます


断水が長時間におよんだ時、飲用や煮炊きの水は何とかなっても

意外に問題となるのが、生活用水です

その中で、洗濯はとりあえず我慢するとしても、

我慢できないのがトイレ


断水した時、トイレのロータンクには一回分の水は溜まっていますが

最初の一回でジ・エンド、水が来ていなければそれで終了(>_<)

次の人からは、レバーを回してもボタンを押しても水は流れません


そんな時に役に立つのが、風呂の残り湯です


風呂の使い方によっても違いますが、浴槽には200ℓくらいの

お湯が残っています


その残り湯を使って、トイレの水を流す方法を紹介したいと思います

風呂

先ず、浴槽に水が残っていること・・・・これが最低条件です(^O^)

台風の接近など、断水の危険がある場合は、風呂の湯を抜かないで

残しておく事をオススメします


その際、注意点が2つあります

① 小さな子供さんがみえるご家庭などでは、水の事故に十分注意して下さい

② 湿気りますのでお風呂の換気扇をONにしておいて下さい


汲む

拭く

8~10ℓくらいのバケツに8分目くらい水を汲みます

そのままだと、そこいら中濡れてしまうので外側は拭いてください


水洗


汲んだ水を、比較的勢いよく流し入れると、少し溜まってから

ゴォーと音をたてて、トイレの水が流れます


この時、バケツの水を全部使わないで、底から5cmくらい

残しておいて下さい


トラップ


はい、キレイに流れましたが、溜まり水が引っ張られて水位が下がり

水面と便器の間に隙間が出来ています


このままだと、隙間から下水のニオイが室内に流れ込む恐れがあります


足し水


バケツに残した水を、今度は静かに足して隙間がなくなるようにして下さい


完了


これにて一件落着!!!  簡単ですね(^-^)



マンションなどでは、水道水を一度タンクに貯めて

ポンプを使って各戸に給水している場合が多くあります

ポンプは電気で運転しているため、停電時には給水が止まります


台風や大雨、雷など停電の危険が予測される場合には

早めに風呂水を貯めたり、お湯を落とさず残しておくことをオススメします

ただし、上で書いた2つの注意点だけは必ず守ってくださいね


あと、バスクリン等の入浴剤や入浴可能な程度の温度のお湯なら

トイレや排水管に影響はありませんのでご安心ください


最後にもう一度、動画でおさらいを(*゚▽゚*)

[広告] VPS


スポンサーサイト