< >
先日、名古屋市千種区に建築中のマンションを

見学に行ってきましたので、紹介したいと思います


北側全景_convert_20130302114817


現場は、千種区の姫池通りという大通りに面しています

車の交通量も多く、歩行者も多いので、とても気を遣います

と、工事を担当する兼松課長が言ってました(^<^)


建物は鉄筋コンクリート10階建てで、当時9階の工事中でした


9階スラブ建込中_convert_20130302115304

写真は、9階のスラブ(床にあたる部分)の型枠を組んでいるところで

当社の誇る型枠チームが施工にあたっています(*^^)v


黄色く見えるのが型枠で、この後、上に鉄筋を組み立ててコンクリートを

流し込みます


ですので、スタッフが歩いているのは、8階の天井面ということになります

ちょっとややこしいですね(^^ゞ


それでは、せっかく9階まで登っていただきましたので

ここから見える景色をご紹介します


北面 屋上より_convert_20130302114939

北側を見ると、姫池通りが真っ直ぐ伸びています

建物の影で見えませんが、写真左手奥が覚王山日泰寺になります


日泰寺の「日」は日本、「泰」はタイ王国を意味するそうで

むかし、タイから仏舎利(お釈迦様の遺骨)を分与された際

安置するために建立されたお寺さんです


そして、この地域を指すのにも使われる覚王山の「覚王」とは

そもそもお釈迦様のことだそうですよ(初めて知りました(^^ゞ)



少し右に視線を移して、東側を見ると・・・・

東面_convert_20130302115143

なかなか風情あふれる景色が広がります

茅葺き屋根の家も見えますが、その先の森は城山八幡宮です



更に少し右を望むと・・・・

南東 屋上より_convert_20130302115120

まだ森が続いていますが、その先は愛知学院大学のキャンパスです

ちょっと変わった尖塔のような建物は歯学部の研究棟だそうです


こちら側は、都心には珍しく緑の多い景色ですねぇー(^^♪



そして、更に目を右に送ると・・・・

南面 屋上より_convert_20130302115006

南方向、姫池通りが南に伸びています

写真右手の白っぽい建物は、愛知学院歯学部附属病院

急に歯が痛くなっても安心ですね(キライですが(=_=))


附属病院の先はもう広小路通りですので、地下鉄の覚王山駅まで

でも約400m、5分程で歩いて行けます



さらに右へターンすると・・・・

西面 屋上より_convert_20130302115225

西方向、名古屋駅方面になります

高層の集合住宅が沢山建っていて、名古屋市内でも人気の高い

住宅地域であることがうかがえますねぇー(^^♪



南側全景_convert_20130302114843

今回ご案内したマンション、完成は7月頃になる予定です


名古屋市の覚王山という、人気エリアでの新築ということもあり

私たちスタッフも完成を楽しみにしています


更に、都心でも嬉しいペット対応マンションとなっていますので

完成した際には、またポチ(仮名)にレポートをお願いするつもりです(#^.^#)




大きな地図で見る
スポンサーサイト