< >
映画好きの皆さんに朗報です!!!

そして、映画(特に日本映画)にあまり興味が無かった皆さんには、

新たな境地を拓くチャンスになるかもしれません(^_-)-☆


お馴染みになってなってきました「アーラ映画祭」の詳細が発表されました


486_img_1_b.jpg

今回も、映画祭実行委員会の皆さんが、数ある日本映画の中から

市民の皆さんに是非観ていただきたい作品、おススメ作品を7本選んで

上映されます


「会いにゆこう、心ゆさぶる映画たちに」のキャッチフレーズ通り

日本映画らしい、情感豊かな作品ぞろいとなっていますよっ(^^♪


kazokunokuni.jpg
「かぞくのくに」

梁英姫(ヤン・ヨンヒ)監督が実体験を元に書き下ろしメガホンをとった作品

あの国、この国・・・・国情の違いの前に、時として人間は無力ですねー



hajimarinomiti.jpg
「はじまりのみち」

木下恵介監督の生誕100周年を記念し、若き日の監督の姿を描いたヒューマンドラマ

クレヨンしんちゃんの原恵一監督が、初めて実写映画に挑戦した作品で

原恵一監督のトークショーも予定されています(^^♪



funewoamu_convert_20130821082617.jpg
「舟を編む」

2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化した作品

最近、ネットの進化で手に取ることが少なくなった辞書、でもあらためて

手に取って読んでみたくなりました



kitanokanariatatip.jpg
「北のカナリアたち」

透明感のある利尻・礼文の景色、そして歳を重ねても透明感を失わない

吉永小百合さん、カメラは「劔岳 点の記」の木村大作さん・・・・

これ三拍子揃ってますねー(^^♪



konosoranohana.jpg
「この空の花」

お盆の頃に各地で花火が上がっているのは、こんな理由もあるんですね

大林宣彦監督ならではの展開に、しっかりついて行きましょう(p_-)



tosyokannsensou2_convert_20130821082535.jpg
「図書館戦争」

同名の人気アニメを、見事なまでに実写化した作品

「なぁんだジャニーズか」と高をくくっていたら、岡田准一に完全にやられてしまった(^^♪



kisekinoringo.jpg
「奇跡のリンゴ」

たいへんな時も家族の支え、とりわけ女房や子どもの笑顔には救われます

このリンゴ食べてみたくなって楽天で探しても、ジュース位しか手に入りませんよ(^^ゞ



作品の詳しい紹介や、上映スケジュールはアーラのホームページをご覧下さい


また、アーラ映画祭実行委員会のフェイスブックでも随時、作品紹介がされています



486_img_2_b.jpg

以前は、けっこう席に余裕があって、当日にぶらりと行っても観ることが出来ましたが

最近では満席になることも多く、人気作品は前売り発売早々に売り切れとなることも

多くなってきました


これは実行委員会の皆さんが熱心に取り組まれていることで、映画祭が定着したことと

やはり、ここで上映される映画は「観てハズレが無い」ということが市民に伝わってきた

ことの証しだと思います


前売り発売は、今度の土曜日8月24日の午前9時からとなっています

もちろん、可児市民でない方も鑑賞できますので、お早めの手配をおススメします(^^)/





アーラを大きな地図で見る
スポンサーサイト