< >
可児市が世界に誇るギターブランド「ヤイリギター」

「その製作現場が見られる」そんな情報を聞きつけ

ヤイリギターの工場見学に行ってきました


音楽好きならご存知かもしれませんが、ポールマッカートニーさん

サザンの桑田さんも愛用されてる、あのヤイリですよっ(*^^)v


ヤイリギターは今年3月に2代目の社長がご逝去され、この7月に

3代目の新社長が就任されたばかり

来年、創業80周年を迎える老舗のこだわりを探りに行って来ました

1玄関


玄関ではギターを弾くかわいい石像が出迎えてくれます

写真にはありませんが、木製時計もギターが象られてたり、工場内では

人形がギターを弾いてたり、いろいろと楽しい仕掛けがあります(^^♪


では早速、係りの人に工場内を案内していただきまーす

2資材置き場


はじめに資材置き場へ、仕入れた板を少なくとも10年以上(@_@;)寝かせて

水分を抜くそうです

写真では伝わりませんが、おびただしい数の板が置いてあります


続いて実際の作業工程へ

職人さんが実際に作業されている部屋に入り、近くで見学します

3ギターの裏

こちらは、ギター表面板の裏側です

これを見たことある方は、少ないんじゃないですか?

張る弦の材質がナイロンかスチールかによって、ここに付ける木材の

貼り方が異なるそうですよ

4やすり

次に平たい板をお湯につけて機械でプレスし、ひょうたんみたいになった側面版を

ヤスリがけします

このあと表面板、裏板を張り合わせます

 5枠付け

さらに、ギターの縁に、線状のひもを何層にも重ねて、強度を高めます

そして、次なる工程はネック付け

6ネックつけ

ギターの持ち手部分を、段差やズレがないように一つ一つ丁寧に

ノミで削っては取付け、削っては取付を繰り返します

見学して初めて知ったのですが、このネックにもいろいろと種類があり

ネックの裏側にも、さまざまな形があります

7ネックの種類

丸い半円のかまぼこ型、もう少し角があるタイプ、丸くなっている部分を

真ん中ではなく、ずらしてあるセンターずらし型というのもありました

実際に持ってみると、私的にはセンターずらしが一番持ちやすく感じました

8やすり2

さらに電動ヤスリで磨いてはニス塗り、磨いてはニス塗りを繰返します


こうした作業を1本のギターにつき3~4ヶ月かけて行い、やっと完成となります

ギターへのこだわりはもちろん、ここで働いている職人さんたちも

仕事に誇りをもっているように感じられ、良い刺激を頂きました

9食堂

見学の最後には、社員食堂の一角にあるステージで、職人さん達による

ギター演奏があり、スタジオジブリの曲を4曲ほど聴かせていただきました


ギターをオーダーメイドしたお礼として、プロのミュージシャンが

ここで社員向けに演奏されることもあるそうです

これは、とっても贅沢ですね~(^^♪


見学は全部で小一時間位、毎週土曜に予約制で行っています

夏休みの自由研究に、大人の社会見学に、一度行ってみてはいかがでしょうか?


「応援します、幸せハートフルライフ!!!」

        
スポンサーサイト