< >
先日、地元のテレビ局で「なぜ多治見は名古屋よりも暑いのか?」という

話題で解説をしていました

          DSC_1382.jpg


それによると、上の写真のように

①海から吹く湿った暑い空気が、紀伊山脈や鈴鹿山脈を越える時にフェーン現象によって

  気温が上昇


②その風が、名古屋市などのある濃尾平野を通過する際にヒートアイランド現象によって
  
  更に加熱される


③加熱された空気が、内津峠付近の山地(標高400m位)を越える時に、再びフェーン現象

  で更に気温が上昇


④多治見は盆地の為、吹き込んだ暑い空気が溜まり易く、更に盆地内のヒートアイランド現象により

  気温が上昇する


といったようなメカニズムで、多治見が暑くなるそうです


こんな事知ったところで、涼しくなるわけじゃ無いんですが・・・・


あまりにも理不尽な暑さだと思いながら暮らしておられる、ハートフリスト様もおみえかと思い


理由が分かれば、少しは腑に落ちるんじゃないかと、お伝えさせていただきました(笑)


余談ですが、フェーン現象って学校で計算の仕方を勉強するんですね

昔のことで忘れてしまったのか、昔は教えて貰えなかったのか、どちらか分かりませんが

ちょっと私的にはカルチャーショックでした(^-^;


ご興味のある方は、こちらのブログで分かり易く解説してましたよ



「応援します、幸せハートフルライフ!!!」


        



スポンサーサイト