< >
夏真っ最中というのに、どうにもお天気が不順ですよねー(ノ_<)

雨でジトジト、晴れれば蒸し暑くて、お盆休みで鈍った身体に堪えます


そんな時には何と言っても、十分な睡眠としっかりした食事が大切ですね


・・・・ということで、今回は美味しい食事のお話です

美味しい食事は数々ありますが、とりわけ健康に良いと言われるのは

その土地のその季節の食材、いわゆる旬のモノを素材とした食事です

     s-jyuraku0.jpg

夏のこの地方の食材といえば、代表的なものはこれ・・・・「鮎」ですよねーo(^▽^)o

この地方には「鵜飼い」があって、全国から観光客の方が観に来られていますが

一般の方のアユ釣り(友釣り)も盛んで、アユは各家庭でも身近な食用魚となっています

     s-jyuraku (1)

個人的には、「アユは家庭で食べるモノ」という感覚があったんですが

今回は、敢えてお店で食べるアユ料理をが紹介します

お邪魔したのはこのお店、普段は海鮮料理が中心ですが

この夏の期間だけアユ料理が楽しめます(*^_^*)

     s-jyuraku (2)

玄関をくぐると、いきなりこの景色

串に刺したアユを、炭の遠火でじっくりと塩焼き・・・・旨くないハズがありません、楽しみ(^^♪

実際、塩の付いたヒレだけ取り外し、頭から尻尾まで美味しくいただきました(*´v`)

     s-ayutessa2014.jpg


当日は、大人3名と子供1名でしたが、お庭の見える個室に通され

お願いしたお料理は「鮎てっさ自慢」という、たぶんこの季節の看板料理


稚鮎の小鉢から始まり、 鮎てっさ、先ほどの炭火で焼いた鮎塩焼き、 鮎田楽

鮎のフライ、あゆ飯・・・と、アユがエレクトリカルパレードのように次から次へと(^^♪

     s-jyuraku (3)

どのお料理もとても美味しいんですが、一番感動したのがこれ「鮎てっさ」

絶対に家では作れないお料理で、超旨かったです

料理人の腕と、関の包丁、旬のアユの見事なまでのコラボですね


食レポをするために行った訳でなく食べるのに夢中で、お料理の写真は

これ一枚だけしか撮ってませんが、どれも美味しく

土鍋で炊き上げた「あゆ飯」をいただく頃には、お腹いっぱい大満足でした


愛想の良い仲居さんに、「てっさで一匹、塩焼きで一匹、田楽で一匹、

フライで一匹、あゆ飯で一匹で合計五匹、今日はアユを堪能しました」と言ったところ

「小鉢に稚鮎が二匹入っていたのをお忘れですよ」と一本取られました(笑)

「応援します、幸せハートフルライフ!!!」

     

スポンサーサイト