< >
2019.12.01 佐見歌舞伎
いよいよ12月、今年もあと一月で終わってしまいますね(;'∀')

この季節になると、岐阜県の各地で「地歌舞伎」が公演されます

「地歌舞伎」と言っても、何それ??って方、多いかと思います

s-Inkeds-samikabu(13)_LI.jpg

最近知ったのですが、全国に約200ある地歌舞伎の保存会のうち
岐阜県には32団体があり、これは全国最多だそうです

その地歌舞伎の一つ、佐見歌舞伎が先日公演されました

  s-samikabu (9)

これは、岐阜県の山間部にある佐見地区で行われている歌舞伎です

戦前戦後、盛んでしたが、伊勢湾台風などで芝居小屋が消失したことで
長年途絶えていたものを、地元の有志の熱意で平成3年に復活しました

現在は二年に一度の開催となっていて、今年が第12回目の公演でした

  s-samikabu (4)

  s-samikabu (1)

  s-samikabu (11)

地元の皆さんは、二年に一度の歌舞伎を心待ちにされていて

当日は地域の皆さんは元より、近隣の地域の皆さんもたくさん駆け付け
待ちに待った地歌舞伎を堪能してみえました

 s-samikabu (5)
  
  s-samikabu (7)

また、公演の途中に私どもグループの安江会長が、観に来て頂いた皆様や
ご協力いただいた皆様に、感謝を込めて「口上」を述べさせて頂きました

  s-samikabu (10)

この手作りの歌舞伎では、出店も地元の皆さんの手作りの品が並んでいます

  s-samikabu (12)

中でも、四国で行われた「清流めぐり利き鮎会」において準グランプリに輝いた
佐見川の鮎の塩焼きは絶品です(^^♪

今度の開催は、また二年後となってしまいますが、素朴さと熱意と美味が
味わえる佐見歌舞伎に、一度足を運んでみられてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらで⇒⇒⇒佐見歌舞伎ホームページ


「応援します、幸せハートフルライフ!!!」

  


スポンサーサイト