< >
 さてさて、自己紹介のあとの最初の記事・・・・・

何にしょうかなぁーと考えてましたが、ハートフルステーションの地元、
可児市の玄関口とも言える「新可児駅」にしましょう


新可児駅

新可児駅、名古屋鉄道広見線の駅です (知ってますよね(#^.^#)

一日平均、5000人位の人が乗り降りするそうで、広見線では

西可児駅に次いで利用客が多い駅です


この新可児駅は、最寄駅ということで時々利用させてもらってますが

実は、ボクのお気に入りの駅なんです


その理由なんですが、

一つ目は、始発駅なのでたいていの場合座れるということです

朝の通勤ラッシュの時間帯でも、少し早く着いていれば

ほとんど座れて、直通電車なら名古屋まで寝て行けます\(^^@)/

一つ先の日本ライン今渡駅になると、座ることは難しくなります


二つ目は、究極のバリアフリー駅だということです

エレベーターがあるわけではありませんが、階段が一段もありません

駅のホームが「頭端式ホーム」と呼ばれる構造になっていて

ちょっと大げさにいえば、ヨーロッパのターミナル駅のように

電車が改札口に向かって停車するようになっています


新可児駅改札


そのため、どの電車に乗るにも陸橋を越える必要がなくて

階段が要らないんです


新可児駅からは、特急ミュースカイをはじめ中部国際空港行きの

電車がたくさん運行されていますが、重たいスーツケースを持っていても

ここから空港ターミナルビルのカウンターまで、一段の段差も無く

快適に、移動することができるんですよ(^^♪



三つ目は、JR可児駅と隣接している事です

多治見・美濃加茂方面への乗換駅として重宝されています


新可児駅とJR可児駅


大昔は、多治見から御嵩町方面へ鉄道が敷かれていて

現在のJR太多線と名鉄広見線のルーツとなっていることもあり

もともと繋がっていたようですから、当たり前ですけどね


でも、せっかくレールが並行していて、少し手を加えれば

乗り入れが簡単なので、美濃太田まで名鉄線が伸びたりすると

もっともっと便利になるのに、とか考えたりしています(笑)



最後にチョットおまけ、新可児駅に終電が入って

電車が並んで眠りに入る図です(左側が終電)

新可児駅夜 





大きな地図で見る
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://heartfulst.blog.fc2.com/tb.php/2-f02ad0bf