< >

   

先日の北九州でのアパート火災、亡くなられた6名の方とケガをされた5名の方

そしてそのご家族には衷心よりお見舞い申し上げます

   s-201705080001_000.jpg

空気も乾燥していたようですが、本当に全焼という状況でしたので

建物自体も古く、使われていた木材も相当乾燥していたと思われます

   s-2017050901001013.jpg

出火原因や消防設備の状況については、まだ結果が出ていないようですが

集合住宅を管理させていただく者として、火災の恐ろしさを再確認するとともに

身の引き締まる思いがしています

           s-20170508-OYT1I50006-N.jpg

こちらの写真は、上と同じ夜に発生した愛知県刈谷市のマンション火災です

こちらも出火した部屋の2名の方が犠牲になられた火災でしたが、どこが燃えたのか

よく見ないと分からないくらいです (ベランダが黒くなっている下、3階の部屋が火元です)

発生時刻が午前4時ということで、ほとんどの方が就寝されていたと思いますが

火元となったお部屋以外では、ケガをされた方もみえなかったようです


これら2件の火災を見るにつけ、その恐ろしさは勿論ですが、鉄筋コンクリート造

というものが、いざ火災という時に大きな力を発揮してくれる事を再確認します


集合住宅は、複数のご家族が同じ建物の中で暮らす訳ですので、自分の部屋から

発生しなくても、他の部屋から発生した火事の影響を受けてします

それは避けがたい現実ではありますが、それを最小限に抑えてくれる建築構造が

鉄筋コンクリート造です


お部屋選びの際には、間取りや設備、立地等と共に構造が何なのか?という事も

大切な判断材料にして頂ければと思います


滅多なこと無いのが一番良いのですが、安全・安心は住宅の絶対条件ですからね


「応援します、幸せハートフルライフ!!!」


    

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://heartfulst.blog.fc2.com/tb.php/231-54a6e0b4