< >
先日、富山市に完成間近のマンションを見に行ってきました


DSC_1234[1]_convert_20130223002145

今年は、この地域でも雪が舞う日が多いですが

さすがに東海北陸道は、ご覧の通り・・・・

路面にこそ雪はありませんでしたが、春まだ遠しって感じですねぇー(^^ゞ


今回は、北国で建築するマンションの特徴的な設備をご紹介したいと思います


DSC_1237[1]_convert_20130223002259


北国のマンションでまっ先に目にとまるのはこれ、外部収納です

各戸に一つずつ、戸数分の物置が用意されています


主な用途は、スタッドレスタイヤや除雪用具の収納

ですので、大きさは通常のタイヤが横置き出来るサイズになります


それから、物置の前面に白っぽい帯状の部分がありますが

これは、自動融雪装置というものになります


DSC_1238[1]_convert_20130223002402

白っぽい部分はコンクリートで、一定間隔で水が出るノズルが配置されています

マンション敷地内には、このシステム専用の井戸が掘られていて

雪が降り始めると、センサーが感知して自動的に井戸の水を汲み上げて散水します


ご存知のように、井戸水は一年を通じて温度変化が少ないので

冬でも比較的温かく、雪が積もる前に融かしてしまうという仕組みです


DSC_1240[1]_convert_20130223002458


この設備を作るには、駐車場の舗装が終わってから、それをカッターで切って

掘り起こして、配管して、コンクリートで仕上げるという

とても、手間の掛かる作業が必要ですし、井戸掘り工事も必要です


でも、入居者の方が度々の積雪で困らないように、条件が許せば

出来るだけ設置するようにしています



このほか、お風呂には浴室乾燥機が装備されています

北陸地方の冬は、この地方とは対照的に大変湿度が高く

洗濯物を干しても乾きにくいので、必需品と考えて装備しています


外見は同じマンションであっても、地域の気候や習慣など

いろいろな事を考え合わせて、少しでも快適な暮らしに

近づけれはイイなぁーと思っています


私たちは、マンションの計画・設計・施工そして管理までを

一貫して行わせていただいてますので、管理する中で気がついたことを

次の建物に反映しながら、より住みやすいお部屋を目指しています(^<^)




大きな地図で見る





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://heartfulst.blog.fc2.com/tb.php/9-2cd4d711